役立つ関連情報 RELATED INFORMATION

ボウの作り方とつけ方

ラッピングの締めくくりともいえるボウの飾り。
リボンの色や素材で表情が変わるので個性が添えられます。

1. テールを7~8cm位残す。
2. 長いリボンを回してテールを作り、上に重ねる。
3. 後ろのループの中心を重ねる。
4. リボンを重ねたところに1本どりのワイヤーをU字に曲げて、写真のようにかける。
5. ワイヤーをひいてリボンにギャザーをよせる。
6. ワイヤーを裏側に持っていき、2~3回ねじって留める。余分なワイヤーは切る。
7. できあがり。
8. (デージーボックスにつけ)十文字にかけたリボンの交差した部分にシングルバタフライボウを置く。
9. 一回結んでボウを留め、ちょう結びをしてリボンを整える。
10. できあがり。

長谷 恵の素敵なラッピングより

基本の包み方-スクエア包み2色使い

前回のスクエア包みの応用編である2色使いをご紹介します。

紙の大きさ: 2枚の紙を貼り合わせ、スクエア包みの大きさにカットする。バランスはお好みでOK
1.スクエア包みと同様に手前の紙をかぶせて折る。
2.箱の厚みのラインを出すように折り目をつけながら折る。
3.もう一方も同様に箱の縁に沿って折り上げる。
4.向こう側は両サイドいっぺんにタツクを内側に入れながら折り上げる。
5.紙を箱にかぶせて両面テープを貼る。
6.でき上がり。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

基本の包み方-スクエア包みの応用-

前回のスクエア包みから、プリーツを加え、特別なデコレーションをプレゼントを作ってみましょう。

紙の大きさ(プリーツ部分のみ): スクエア包み(前回参照)の際に余った紙や手持ちの紙を利用、A : 23CM B : 33CM
1.プリーツ用の紙を縦長におく。紙の手前1cmを裏側に折り込む。
2.折りたい4cm幅プリーツの倍、8cmの幅を折る。
3.2の幅で巻き込むようにして折る。
4.端まで巻き込むようにして折る。
5.1の状態まで戻す。
6.半分で谷折りする(写真のように山と山を合わせておる。)
7.さらに山と山を重ねて半分になるよう、6と同様に繰り返し折る。
8.全部折り上げたところ。
9.両面テープを1で折り込んだ右半分に貼る。
10.2つ折にして両面テープで貼り合わせる。
11.プリーツを開いてでき上がり。下面に両面テープを貼り、箱につける。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

基本の包み方-スクエア包み-

ラッピングの基礎とも言えるベーシックな箱の包み方から、三角形、六角形の
包み方までご紹介します。

紙の大きさ: A:箱の厚み+2cm, B:箱の厚み+2cm
1.箱はふた側を下にして対角線の中心に置き、手前の紙をかぶせて折る。このとき、箱に重なる部分が2cmとなるようにする
2. 箱の厚みのラインを出すように箱に沿って折る。
3. 左側の紙を箱の緑に沿って折り上げ、両面テープで貼る。
4. もう一方も2,3と同様に折り上げる。両面テープで貼る。
5. 向こう側は両サイドいっぺんにタックを内側に入れながら折り上げる。
6. 紙を箱にかぶせて両面テープで貼る。
7. できあがり

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

簡単!蝶リボンの結び方

調理本の結び方は色々ありますが、一番簡単だと思われる結び方を紹介いたしますので
役立てればと思います。

1. まず、写真のように輪を作ります。
2. 1で作った輪を軽く回します。ポイントは写真のように親指が入っているところの(輪)隙間を作っておくことです。
3. 写真のようにもう一つ輪を作ってください。
ここでのポイントは,左の輪と右の輪の間に少し余裕を置くことです。
表の裏の記事や光沢なのが違う場合にはなるべく表が見えるようにすることをお勧めします。
4. 3のように形を作った場合裏側はこういう風になっています。
形などを整えください。
5. 形を整えたら2で作っておいた隙間に3で作った右の輪を入れて左右の方向に引っ張ってください。
左と右の輪に親指を入れて引っ張ればいいと思います。

簡単でオーソドックスなリボンですが、ラッピングをする時に一度作ってみてください。

No | タイトル | 作成日
1 / 1012345...10...最後 »