役立つ関連情報 RELATED INFORMATION

三角形 の箱をラッピング

今までご紹介しましたキャラメル包みから今回は新しい三角形の包み方法についてご紹介します。

紙の大きさ: A:三角形の周囲 + 重なり分2cm B:三角形の高さ + 箱の厚み
1.Bの端を右側のみ1cm裏側に折る。
2.Bをふたつ折りにして半分の位置に軽く折り目を付ける。その折り目の位置を三角形の厚みの中央に合わせて箱を置く。Bの中央を中心にして箱の長さ分だけ両面テープを紙の端に貼る。 
3.1の端が三角形の頂点にくる位置に箱を置き、三角形の頂点で紙を貼り合わせる。
4.箱の縁に合わせて紙を内側に織り込んでいく。裏側も同様に折っておく。
5.2辺をいったん広げ、内側へ半分(点線の位置)に折る 。
6.反対側の紙も、5と同様にして内側へ半分に折る
7.最後の1辺も5同様に内側に折り、3本のラインが中心で1点に集まるようにする。
8.裏側も同様にして完成!

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

キャラメル包み方-3

前回のキャラメルの包み方Bから波形のカラーのアクセントをつけてみましょう。

紙の大きさ: A:箱の周囲 + 上ぶた 1枚分 B:箱の長さ + 箱の厚みの2倍 ⓐ箱の長さ+箱の厚みの2倍 ⓑ上ぶた1枚分位
1.包む紙とアクセントになる紙の端を合わせて重ねる。
2.4枚一緒に好みの形にカットする。 
3.バランスを見ながら紙をずらす。裏側をセロ版テープを貼る。
4.箱はふた側を上にして置き、アクセントの紙が好みの位置にくるように紙を合わせ、両面テープで貼る。
5.キャラメル包みAの(5~9)と同様に包む。
6.これで完成!

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

キャラメル包み方-2

前回のキャラメルの包み方Aからプリーツを作ってつけてみましょう

紙の大きさ: A:箱の周囲 + 上ぶた 1枚分 + 重なり分2~3cm B:箱の長さ + 箱の厚みの2倍
1.Bの端を右側のみ1cm裏側に折り、Bの中央を中心にして箱の長さの分だけ両面テープを紙の端に貼る。
2.2cm位の幅で均等に4~5回折りたたんでいく。 
3.表に返すと、プリーツの折り山線ができている。
4.手前の折り山線が次の折り山線の半分の位置に来るようにプリーツを入れていく。
5.折り山の数だけ繰り返し、プリーツをたたむ。
6.紙を裏に返してセロハンテープでプリーツを3箇所位貼る。
7.箱のふた側が上になる用に置き、好みの位置にプリーツがくるように1の両面テープで貼り合わせる。
8.キャラメル包みA5~9と同様に包む。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

キャラメル包み方-1

今回はキャラメルの包み方Aについてご紹介します。

紙の大きさ: A:箱の周囲 + 重なり分2~3cm B:箱の長さ + 箱の厚みの2倍
1.箱はふた側を下にして紙の中央に置き、Bの端を右側のみ、裏側に1cm折る。
2.1で折り返した部分Bの中央を中心にして箱の長さ分だけ両面テープを紙の端に貼る。
3.紙を箱の両側にかぶせて2の両面テープで貼り合せる。
4.合わせ目が箱の中心に来るようにする。
5.上部の紙を箱の縁に合わせて下へ折る。
6.左右の紙を箱の縁に合わせて内側へ折る。
7.下の紙を半分に折り、両面テープを貼る。
8.上に折り上げ、両面テープを貼る。
9.反対側も5~8と同様にして折り、箱を表に返し、でき上がり。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

ボウの作り方とつけ方

ラッピングの締めくくりともいえるボウの飾り。
リボンの色や素材で表情が変わるので個性が添えられます。

1. テールを7~8cm位残す。
2. 長いリボンを回してテールを作り、上に重ねる。
3. 後ろのループの中心を重ねる。
4. リボンを重ねたところに1本どりのワイヤーをU字に曲げて、写真のようにかける。
5. ワイヤーをひいてリボンにギャザーをよせる。
6. ワイヤーを裏側に持っていき、2~3回ねじって留める。余分なワイヤーは切る。
7. できあがり。
8. (デージーボックスにつけ)十文字にかけたリボンの交差した部分にシングルバタフライボウを置く。
9. 一回結んでボウを留め、ちょう結びをしてリボンを整える。
10. できあがり。

長谷 恵の素敵なラッピングより

No | タイトル | 作成日
1 / 1112345...10...最後 »