役立つ関連情報 RELATED INFORMATION

キャラメル包みC

前回のキャラメルの包み方Bから波形のカラーのアクセントをつけてみましょう。

紙の大きさ: A:箱の周囲 + 上ぶた 1枚分 B:箱の長さ + 箱の厚みの2倍 ⓐ箱の長さ+箱の厚みの2倍 ⓑ上ぶた1枚分位
1.包む紙とアクセントになる紙の端を合わせて重ねる。
2.4枚一緒に好みの形にカットする。 
3.バランスを見ながら紙をずらす。裏側をセロ版テープを貼る。
4.箱はふた側を上にして置き、アクセントの紙が好みの位置にくるように紙を合わせ、両面テープで貼る。
5.キャラメル包みAの(5~9)と同様に包む。
6.これで完成!

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

キャラメル包みB

前回のキャラメルの包み方Aからプリーツを作ってつけてみましょう

紙の大きさ: A:箱の周囲 + 上ぶた 1枚分 + 重なり分2~3cm B:箱の長さ + 箱の厚みの2倍
1.Bの端を右側のみ1cm裏側に折り、Bの中央を中心にして箱の長さの分だけ両面テープを紙の端に貼る。
2.2cm位の幅で均等に4~5回折りたたんでいく。 
3.表に返すと、プリーツの折り山線ができている。
4.手前の折り山線が次の折り山線の半分の位置に来るようにプリーツを入れていく。
5.折り山の数だけ繰り返し、プリーツをたたむ。
6.紙を裏に返してセロハンテープでプリーツを3箇所位貼る。
7.箱のふた側が上になる用に置き、好みの位置にプリーツがくるように1の両面テープで貼り合わせる。
8.キャラメル包みA5~9と同様に包む。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

キャラメル包みA

今回はキャラメルの包み方Aについてご紹介します。

紙の大きさ: A:箱の周囲 + 重なり分2~3cm B:箱の長さ + 箱の厚みの2倍
1.箱はふた側を下にして紙の中央に置き、Bの端を右側のみ、裏側に1cm折る。
2.1で折り返した部分Bの中央を中心にして箱の長さ分だけ両面テープを紙の端に貼る。
3.紙を箱の両側にかぶせて2の両面テープで貼り合せる。
4.合わせ目が箱の中心に来るようにする。
5.上部の紙を箱の縁に合わせて下へ折る。
6.左右の紙を箱の縁に合わせて内側へ折る。
7.下の紙を半分に折り、両面テープを貼る。
8.上に折り上げ、両面テープを貼る。
9.反対側も5~8と同様にして折り、箱を表に返し、でき上がり。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

基本の包み方-スクエア包み2色使い

前回のスクエア包みの応用編である2色使いをご紹介します。

紙の大きさ: 2枚の紙を貼り合わせ、スクエア包みの大きさにカットする。バランスはお好みでOK
1.スクエア包みと同様に手前の紙をかぶせて折る。
2.箱の厚みのラインを出すように折り目をつけながら折る。
3.もう一方も同様に箱の縁に沿って折り上げる。
4.向こう側は両サイドいっぺんにタツクを内側に入れながら折り上げる。
5.紙を箱にかぶせて両面テープを貼る。
6.でき上がり。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

基本の包み方-スクエア包みの応用-

前回のスクエア包みから、プリーツを加え、特別なデコレーションをプレゼントを作ってみましょう。

紙の大きさ(プリーツ部分のみ): スクエア包み(前回参照)の際に余った紙や手持ちの紙を利用、A : 23CM B : 33CM
1.プリーツ用の紙を縦長におく。紙の手前1cmを裏側に折り込む。
2.折りたい4cm幅プリーツの倍、8cmの幅を折る。
3.2の幅で巻き込むようにして折る。
4.端まで巻き込むようにして折る。
5.1の状態まで戻す。
6.半分で谷折りする(写真のように山と山を合わせておる。)
7.さらに山と山を重ねて半分になるよう、6と同様に繰り返し折る。
8.全部折り上げたところ。
9.両面テープを1で折り込んだ右半分に貼る。
10.2つ折にして両面テープで貼り合わせる。
11.プリーツを開いてでき上がり。下面に両面テープを貼り、箱につける。

参照 : 長谷 恵のすてきなラッピングより

No | タイトル | 作成日